主役と引き立て役 - apartir

主役と引き立て役

ウェディングは誰のもの。

もちろん、主役は自分。

周りを楽しませられるよう一番輝きたいものです。

自分が輝いたら、その隣のもう一人の主役も輝かないと輝きが霞んでしまいます。

二人が共に輝けばその輝きを一層放ちます。

 

どちらかというと新婦が主役の方が場が華やいでいいでしょう。

そのため、新郎は引き立て役をまっとうしながら、

アイデンティティを出していけば相方にも来賓にも喜んでいただけます。

当店のオーダーでは、エンパイヤドレスやマーメイドラインの正統派なタキシードのご用意がございます。

レンタルでは出せない雰囲気やサイズ。

新婦の衣装に合わせたディテールデザインを決めることで、

タキシードの着こなしが際立ち、新婦を輝かせられるでしょう。

もちろん、両親や来賓への見え方も一層良いものになります。

 

もう一つ。

昨今、ウェディングのみの利用だけで一度きりになってしまってはもったいないことや、教会式といった堅苦しいものが好まれないことも多くなっています。

より身近な式やオケージョンの場を楽しむには、ネイビーのブレザーやイージーなスーツなども他の式と差がつきオリジナリティの高いものができます。

アメリカントラッドのアイビースタイルもよし、モードなハイブランドのコレクションのデザインを入れたりもおすすめです。

 

Back to blog

Leave a comment

Please note, comments need to be approved before they are published.