ORDER SUITS for WEDDING RECEPTION & PARTY - àpartir - 名古屋 - オーダースーツ - 中村区

ORDER SUITS for WEDDING RECEPTION & PARTY

aparitrで展開しているオーダースーツ。

今回は、結婚式に向け新郎様のオーダーを承りました。

 

昨今、教会式にとらわれない式が増えていて、タキシードにとらわれないドレスアップがニーズが高まっています。

レンタルと違いその後も活用できるオーダーですので、

あつらえがいがあるというもの。

事前のビスポークでお伺いしていたレストランでのカジュアルな式に向けて、少しキッチリ感とモードなデザインエッセンスを加えてのオーダーです。

 

お二人の洋服がシンプルなお洋服がお好きなことや、ハイブランドの新作までお知りとのことで気合を入れて臨みました。

とても、センスの感じられるお二人とあって式の行程や新婦様の衣装のイメージなどお伺いしていてとても楽しい時間です。

タイトすぎず、硬すぎない印象でモード。

そんなキーワードからデザインを決めていきます。

ダブルフロントのジャケットと大きめのラペル。

裏地にはハウンドトウースを忍ばせています。

 

襟のノッチは低めにし、角度は浅めにすることで印象が少し和らぎます。

お客様の優しさのある佇まいにそっと寄り添うイメージ。

極力遊びを入れすぎないデザイン性にメタルボタンの主張させています。

 

ボトムスは、ワイドなインタックを広めに2本入れました。

私の好きなヴィンテージやクラシックなスタイルへの知識を加えております。

ノーベルトで着用できるサイドアジャスターに加えて持ち出しを長くし、

グルカトラウザーの意匠を誂えました。

これによりクラシックでいて現代のシルエットを構築できました。

式の途中でのジャケットを脱ぐシーン等でもボトムスが活きますし、

今後の使用時に単体で、そして、崩してコーディネートにも対応いただけます。

 

生地におすすめさせていただいたのは、イタリアの名門CANONICOで仕立てられたモヘアバラシャのクアトロ。

色目がブラックで光沢はあるが艶やかでない生地感がイメージとのことで、

バリっとしたモヘアの素材感と光沢がマッチしています。

この生地は、以前はタキシードといえばとイメージされるヨーロッパでは定番の素材でしたが、昨今は原毛不足から生産量が少なくなり、使用することが減っているようです。

当店では、ブレーザーやボトムスにもとても引き合いのあるおすすめの生地です。

クアトロであれば、背抜き等仕立てを入れると通年着用いただけます。

今回の、立体的な襟型やタックパンツのプリーツなどもしっかりと出ますので、

フィッティングの際にはとても綺麗にシルエットが出ていました。

 

 

皆様もディテールやシルエットにこだわり、またとない式を楽しんでみてはいかがでしょうか。

当店では、お客様のイメージを引き立てる仕立てにてお手伝いさせていただきます。

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。