1947 - apartir

1947

今回はフランス軍のM-47 FIELD JACKETのご紹介。

1947年モデルでフランス軍により採用されていたジャケットです。

フランスらしいエスプリを感じるディテールで、ミリタリージャケットの中でも外すことができないアイテムです。

 

 

フランス軍のジャケットには名品と呼ばれる形がございます。

F-1フライトジャケット、F-2フライトジャケット、M-64フィールドジャケット、そして、M-47は外すことができません。

M-47はここ数年一気に人気が上がっており、特にパンツは枯渇してしまったほどです。

ジャケットに関しても以前から人気のあるヴィンテージアイテムでしたが、ひきづられるようにゴールデンサイズと言われる日本人が着やすいサイズはなかなか状態の良いものを手に入れられなくなってきています。

 

 

前述した他三型との圧倒的な違いが生地ではないでしょうか。

セレクトしたM-47は前期型なのですが、コットンのツイルでかなり打ち込みをしっかりとしていることで張りがあることと、光沢がなく色目が落ち着いています。

 

 

また、ディテールもジップを使用していないこと、ウェストにドローコード、袖にアジャスタブルベルトが仕立てられていることも大きな特徴です。

このウェストと袖のディテールを使いこなした時にこのジャケットの真価を発揮します。

 

 

前期モデルはボックスシルエットが特徴で、後期型のペンシルモデルに比べて着こなしの幅が非常に広いです。

ストリートに着こなしもよし、ドレスの崩しで男前に着こなすのも良いでしょう。

仕立てや生地がしっかりとしていますので、長く愛用いただけること請け合いです。

今後もさらに希少価値が上がりますのでアウターの定番として幅を広げるためにも持っておくと良いのでは。

 

 

販売開始は、4/24 12:00を予定しております。

ご了承くださいませ。

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。