culotte - apartir

culotte

7月になりオープンして半年に入りました。

新しい環境での戸惑いはあるものの、これまで出会った方々の支えと新たな出会いに支えられています。

感謝。

明日は、7月7日七夕、季節の移ろいの早さを感じるこの頃。

新たな願いを込めて、これからもお客様の生活が彩るように営業を重ねてまいります。

本日は、気温37度。

太陽の高さと明るい街並みに気分の良い一日になりそうです。

この時期のファッションは、気分を盛り上げてくれる着こなしと、過酷な環境に耐えうる作りの良さが求められます。

 

 

 

 

キュロットパンツ。

人参ズボンではありません。フランス語でいう半ズボンです。

自身も夏場はよく履き、秋口まで活躍するアイテム。

ここ数シーズンはナイロンなどの機能性に偏っていたのですが、

今年求めているのは少し大人っぽいというか、

街に馴染むスタイルを求めてコットンやウール生地を仕立てたものです。

 

 

 

 

すでに当店でも人気をいただいているLENOの

”ダブルベルテッドグルカショートトラウザー”。

この季節に持っておきたいベストアイテムと言っていいでしょう。

ギュッと絞ったウェストにタック入りの膨らみシルエットのポイントとなり、

ウェスト部のダブルベルトの意匠はサイズ調節に、

タックイン時に抜群の脚長効果を発揮します。

このグルカパンツは、1960年代のイタリア軍がベースとなっているのですが、

お尻周りのタックとハイウェストによりバックスタイルまで手の込んだデザインです。

実際に自分もこのイタリア軍のパンツを所持していて比べると様々な違いも。

忠実にデザインを起こしている一方で、深めにとったタックはアウトからインタックに変更。

バックポケットの追加、バックルのオリジナル制作など作り手の事細かなこだわりが感じ取れるプロダクトです。

ギャザーが深いため、お尻ポケットまでギャザーが入っているところはにくいですね。

 

 

 

 

やはりインタックに変更されたことで外への膨らみが軽減されるので、

履いた時の内股の開きもおさえられシルエットを美しく見せてくれます。

生地はしっかりとしたコットンツイルで張り感がしっかりとありながら、

厚みが強すぎないところも良いです。

数年後、洗い込んだ雰囲気が楽しみではないでしょうか。

ベルトで調節は可能ですが、

柔らかくなることを見込んでウェストはジャストサイズでお選びいただけると良いです。

股上が深いので、通常の股上のパンツより小さめが良いかもしれません。

腰に落としたい方はもちろんいつものサイズになりますが。

 

 

 

 

夏はTシャツに開襟シャツに。

秋は紺ブレにカーデに。

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。