SAXE BLUE - apartir

SAXE BLUE

サックスブルー。

ドイツ語のSAXONYが語源で藍染の色が由来。

サキソニーと聞くと冬のウール生地を思う方もいらっしゃると思いますが、同じ地方で語源となっていて洋服とは関わりの深い地域ですね。

ウールの素材も様々で、サキソニーとフランネルの違いはまた今度にします。

 

 

日本語での定義としては、くすんだ青。

爽やかな印象で有色で暖色の肌色を持つ僕らにはとても映える寒色系です。

ネイビーの上品さ、

ブルーのアクティブ感、

その両方を併せ持つカラーです。

白シャツに並ぶ当店では定番のオーダーシャツカラーでして改めてご説明してみました。

 

 

さて話は変わるのですが、気温の上がるこの季節の羽織はシャツが多いですよね。

そろそろ揃えておきたいリネンのジャケットは鋭意製作中でシーズンを跨いでしまいそうです。

羽織るのにちょうど良いバンドカラーのシャツ。

フランスのノルマン地方で1300年台に考案されたという長い歴史を持つアイテムです。

襟がないこのシャツはとてもシンプルですっきりとした印象ですので、前を開けてTシャツに羽織るとジャケット感覚に使える優秀なデザインです。

 

先日、作成したデタッチャブルのシャツシリーズでして、もちろん、襟をつけてタイドアップもいいのですが、この着方が季節柄重宝します。

今回はそれを見越してのボックスシルエットと裾のL字です。

着丈の長さがバランスよく見えるデザインになります。

爽やかさのあるシャツですので白を足してもいいですが、ネイビーなどで引き締めるとぐっと雰囲気がでます。

 

 

納期は1ヶ月程度になりますのでこの時期にオーダーいただければ活躍するタイミング。

半袖一枚は着にくいなという方にオーダー頂けますと幸いです。

参考価格は商品ページよりご確認くださいませ。

 

ブログに戻る

コメントを残す

コメントは公開前に承認される必要があることにご注意ください。